Past event…

Event Ended

名城大学 天白キャンパス タワー75(15階)ホール

 

StartupWeekendとは

StartupWeekendは、金曜日の夜から日曜日にかけて54時間で起業にチームでチャレンジするイベントです。

主役はいつかなにかで起業したいと考えている会社員の方やフリーランスの方、すでに起業しているけどもう一度スタートアップしてみたいなと思っている方です。

1日目は、チーム構築です。
まず、金曜日の夜はピザとビールで乾杯します。
そしてちょっとしたシミュレーションゲームを行い、その後1分ずつ自分のアイディアを希望者が発表します(Pitch)
その発表にみんなで投票し、上位のいくつかのアイディアを採用、そのアイディアを叶えたい人々が集まりチームを作ります。

2日目、3日目は、ビジネスの構築です。
アイディアを煮詰め、MVP※(Minimum Viable Product)と呼ばれるビジネスの最小単位を作り、プレゼンの準備をします。
メンターと呼ばれる相談役がいて、煮詰まった時には相談ができます。

3日目の17時からはプレゼン&審査です。
優勝チームが決まった後、ジャッジも一緒に一番盛り上がるパーティが行われます。


今回は、
7月3日(金)ー5日(日)に開催!

Schedule

Friday

Jul 3
  • 受付開始
  • 夕食 & 交流会
  • 開会の挨拶
  • ピッチ開始
  • 最良のアイデアに投票
  • チーム形成 & 作業開始
  • 帰宅開始

Saturday

Jul 4
  • 到着、軽食
  • チーム&作業場形成
  • 昼食
  • Call for needs & skills
  • コーチへ援助要請
  • 夕食
  • 中間発表
  • 帰宅開始

Sunday

Jul 5
  • 集合、軽食
  • Call for help (this is self motivated, so don’t be shy)
  • 昼食
  • コーチへの質問
  • 最終確認
  • 夕食
  • FINAL PRESENTATIONS
  • 審査 & 授賞式
  • パーティ(真の学びの始まり)
  • 解散!
Facilitator

マツモトサトシ

株式会社Misoca 取締役   |  

京都府、丹波地方生まれ。
大学生時代は三国志好きが高じて、中国を始めとして、モンゴル、東南アジアの国などを巡る旅に出る。
卒業後は大学発ベンチャーの開発受託企業などに数年間務めた後、それまで名古屋ではほぼ皆無だったIT系勉強会を主催するように。
CSNagoya主催、名古屋Ruby会議1,2実行委員長、名古屋GeekBarなどで活動。
2011年11月にスタンドファーム株式会社(現、株式会社Misoca) 取締役に就任。クラウド請求書管理システム Misocaを開発、サービスを広めるべく幅広く活動中。
Startup Weekend Nagoyaのリードオーガナイザーを歴任後、2014年11月開催のStartup Weekend Nagoya Womanにて初ファシリテーション。サーバが趣味。

Silver Sponsors
Judges

中野 喜之

あいちベンチャーハウス インキュベーションマネジャー

北九州市出身。大学卒後、総合セミナー会社(技術・文系)に入社。その年に「金属の割れ・破壊」資料集を130名の執筆者で刊行。会長賞受賞。その後8年間所属した後、セミナー会社として独立、代表取締役就任。「ヒューマンエラーその原因と防止対策」などの出版、パッケージソフトウェア発売など、10年間企業経営後M&A。社団法人に入職。事業企画部長を経て事務局長。愛知県が設置した「あいちベンチャーハウス」の事業を愛知県から委託され、事務局長として参画。2003年よりIMとして25社のIT企業の支援に、インキュベーションマネージャーとして常勤。CVG審査委員(日刊工業新聞)、岐阜県、ソフトピアジャパン審査員。JBIA Senior IM。

合田ジョージ

㈱ゼロワンブースター共同代表

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

三浦 哲

ブラザー工業(株)新規事業推進部 主任

ブラザー工業株式会社にて、同社の海外販売会社・工場をカバーするサプライチェーン・マネジメントシステムの導入、欧州向けレーザー・インクジェット複合機のマーケティングを担当した後、社内公募にて同社の新規事業創出および、コーポレート・ベンチャー投資(CVC)に携わる。2006年に日本アジア投資(株)とブラザーグループ各社で設立したCVCファンド「JAIC-Atopファンド」、2015年組成のDraper Nexus2号ファンド等をベースとして、ブラザー工業からの直接出資を含む日米クロスボーダー投資に関わり、ヘルスケア、IoT、コンテンツ等、同社の強みを活用した分野において、オープン・イノベーションを活用した新規事業の創出に邁進。

Mentors

茂森 仙直

株式会社アクアリング 取締役兼、鶴舞ラボ/コミュニケーションデザイングループ リーダー   |  

滋賀県長浜市出身、名古屋市在住。大学を卒業後、広告代理店を経て、2001年アクアリング入社。大手上場企業を中心に、Webを主軸としたコミュニケーション戦略を立案するプランナー、プロデューサーとして10年以上従事。
現在はアクアリングの名古屋第2の拠点「鶴舞ラボ」でデジタルクリエイティブ全般を視野に入れたコミュニケーションデザインを指揮。

平岡 謙一

株式会社アクシス 最高執行責任者   |  

静岡県清水区出身、岐阜県在住。大手電機メーカーにてSEとして、海外新興市場でのマーケティングに9年間従事後、インターネットの可能性を感じて独立。独立後はインターネットマーケティングのコンサルティング会社である株式会社キメラワークスを設立し、企業のネットビジネスコンサルティングおよび自社メディアサイトの構築・運営を行う。2012年11月より現職。
企業の売上高アップのためのコンサルティングを行う。

岡田 陽介

株式会社ABEJA 代表取締役CEO   |  

1988年生まれ。愛知県名古屋市出身。コンピュータが世界を変えると確信し、小学5年生からプログラミングをスタート。高校で、コンピュータグラフィックスを専攻し、圧倒的成果から文部科学大臣賞を受賞。大学では、3次元コンピュータグラフィックス関連の研究、商店街活性化プロジェクトを経験。研究内容を複数の国際会議で発表。2011年、株式会社響取締役CIOに就任。その後、株式会社リッチメディアに入社。6ヶ月で最速最年少事業本部マネージャーに昇格。四半期で数億円のPL管理を経験。2012年4月に同社を退社し、同年9月に起業。

牛田 和博

有限責任監査法人 トーマツ 名古屋事務所 マネジャー / 公認会計士   |  

1978年生まれ、愛知県愛西市出身。
2003年入社後、メーカー、小売、サービス業を中心に幅広い業界において財務諸表監査に従事するとともに、IPO支援業務、J-SOX支援業務などのコンサルティング業務を手がける。
また、トーマツベンチャーサポート株式会社の名古屋メンバーとして、イベントの開催、ベンチャー企業と大企業のマッチングを通じて、ベンチャー企業の成長支援も行う。ソフトピアジャパンに入居しているITベンチャー企業についても、多数支援を行っている。
関西学院大学卒。

向井真人

株式会社マジックチューブ代表取締役

三重県出身、名古屋市在住。中京大学情報科学部卒業後、フリーランスのプログラマとしてシステム開発やユーザーインターフェイスデザインに携わる。
2006年にあいちベンチャーハウスにてマジックチューブを創業し、マーケティング/営業支援のための企業向けクラウドサービスの企画/ディレクションと、スマートデバイス活用に関するコンサルティングを行う。
また、創業当時より学生起用に力を入れており、学生の自己ブランディングプラットフォームUNITEDのメンターを務める。
Microsoft Innovation Award 2009 優秀賞受賞。

Organizers
渡邉 孝江
宮崎大輔
浅野 仁
山梨 正貴
Upcoming Events